ウーマン

にきびは治せる|コンプレックスのない肌へ

皮膚疾患「面皰」

注射治療

思春期でも大人でもできる

思春期に頬や額などに出来る皮膚疾患であるにきびは「面皰=めんぽう」と言います。にきびには2つのタイプがあり、思春期に出来るにきびと大人になってから出来るにきびがあります。どちらのタイプのにきびも発生のメカニズムは同様で、アクネ菌の増殖により毛穴に詰まった皮脂が膿をつくり周囲に炎症による腫れを起こします。新陳代謝が活発な思春期には皮脂分泌も活発となり、アクネ菌が増殖することが多くなります。にきびの原因菌であるアクネ菌は、人の体に存在する常在菌であり、皮膚を酸性に保ち他のウイルスから体を守る役割を果たしています。アクネ菌は皮脂を餌に常在していますので、毛穴の中は絶好の棲み家となります。思春期であればホルモンの生成が活発になり、皮脂汚れで毛穴が塞がるとにきびが出来やすい状況となります。食欲旺盛な思春期には動物性たんぱく質を多く摂ることが多くなります。そのため、皮脂分泌が盛んになってしまい、にきびができやすくなってしまうのです。また、大人になってからもできる可能性はあります。疲れやストレスにより代謝のバランスが悪くなったり、暴飲暴食の翌日、化粧を落とさずに就寝するなど様々な原因があります。洗顔がしっかりと行なわれ、その後にスキンケアが行なわれていなくては、再発する可能性が高いです。

専門医院を受診する

にきび治療は美容皮膚科クリニックなどで治療が受けられ、保険治療の対象となります。医師は診察をし、症状を確認したのちに外用薬を処方することが多いでしょう。美容皮膚科クリニックなどで第一選択される治療法は抗生物質を用いた方法が一般的で、早期で炎症を抑えることが可能となります。抗生物質によりアクネ菌が減少し、治癒に向かいます。ただし、慢性的にニキビが出来る状況にある場合、抗生物質の使用を繰り返すことは逆効果となることもあります。アクネ菌は、肌を他のウイルス感染から守る働きをしており、肌のバリア機能を担っていることから排除し過ぎると肌にマイナスの効果が現れます。さらに抗生物質の使用を繰り返すことにより副作用を引き起こす懸念もあります。なので、症状に合わせて治療方法を選択していく必要があるのです。もし、慢性的なニキビが中に大きな膿をつくってしまった場合、美容皮膚科クリニックでは面皰圧出という方法で膿を取り除きます。消毒した患部の頂点を針で刺し、面皰圧出器で押さえ、詰まった皮脂を取り除きます。この時に膿や皮脂による汚れ、角質などが排出されます。手でつぶすと痕が残ることがあります。また、大きくなるまで放置していると毛穴を大きくし、痕が残る原因ともありますので、症状が酷くなった場合は、美容皮膚科クリニックを受診しましょう。美容皮膚科クリニックでは、医師が患者一人一人の症状を把握し、適した治療を勧めてくれるので安心です。